LINEからもご予約が出来ます。

交感神経と副交感神経のリズムの乱れが引き起こす自律神経症状

交感神経と副交感神経のリズムの乱れが引き起こす自律神経症状自律神経の基本的な知識

自律神経症状には、様々な種類があります。

何故かと言えば、自律神経が体の働きの多くの部分に関与しているからです。

そして、自律神経は交感神経と副交感神経に分かれ、相反するリズムを刻んでいます。

交感神経と副交感神経のリズムの乱れが、体の働きの様々な働きを乱し、自律神経症状になります。

この記事では、交感神経と副交感神経のリズムの乱れが引き起こす自律神経症状についてご説明します。

※交感神経と副交感神経のリズムを乱す原因についてはこちらでご説明しています。

交感神経と副交感神経のリズムの乱れとは?

交感神経と副交感神経は、相反するリズムで働いています。

交感神経が強くになれば副交感神経が弱まり、副交感神経が強まれば交感神経が弱まります。

交感神経は行動するための神経で、副交感神経は休息・リラックスするための神経です。

※交感神経と副交感神経の働きの違いはこちらで説明しています。

現代人は交感神経が強すぎることが原因の自律神経症状が多いです。

ですが、最近では交感神経と副交感神経の両方が弱くなってしまう自律神経症状も増えています。

新型うつ病や、起立性調整障害などです。

交感神経が優位の自律神経症状

交感神経は、行動や興奮の神経なので、交感神経が優位になると体の働きが過剰になってしまう自律神経症状が出ます。

心臓がドキドキする・パニック障害・便秘・不眠症・多汗症・手足が冷たくなる・体が緊張する・瞳孔が開くので眩しい・口が乾くなど。

交感神経の興奮を鎮めると、副交感神経が適切に働き始めて、自律神経症状が治っていきます。

副交感神経が優位の自律神経症状

副交感神経は、休息・リラックスの神経なので、副交感神経が優位になると体のだるさ、元気のなさといった自律神経症状が出ます。

また、副交感神経は内臓の働きを促進しますので、内臓が働きすぎる自律神経症状も出ます。

だるい・日中に眠い・頭がぼーっとする・下痢・過敏性腸症候群・すぐトイレに行きたくなる・お腹がグーっと鳴るなど。

副交感神経の興奮を鎮めて、交感神経が働くようにすると元気が出てきて、日中もしっかりと活動することができるようになります。

交感神経も副交感神経も働かない自律神経症状

最近増えているのが、交感神経も副交感神経も働かない自律神経症状です。

どちらかが強く過剰に働く自律神経症状よりも、解決が大変です。

例えば新型うつ病ですと、交感神経も副交感神経も働きが弱いので、元気も出ず、リラックスもできません。

ですので、行動も出来ませんし、体を回復することもできない状態になります。

まずは、副交感神経を働くようにして体の回復を促し、その後で交感神経が働くようにして行動できるようにする必要があります。

最近、お子さんに多い起立性調整障害も同じことが起こっています。

新型うつ病や起立性調整障害は私が悩んだ症状です。

解決は大変ですが、やるべきことをしっかりとやっていくと解決します。

この記事は以上になります。

タイトルとURLをコピーしました