LINEからもご予約が出来ます。

自律神経の乱れの原因になる4つのストレス

自律神経の乱れの原因になる4つのストレス自律神経の基本的な知識

自律神経が乱れる原因はストレスです。

一般的には、ストレスは精神的なものだと思われていますが、実は4つのストレスがあります。

この記事では、自律神経が乱れる原因となる4つのストレスについてご説明します。

自律神経の乱れは4つのストレスが原因

自律神経が乱れる原因になるストレスには4つあります。

  1. 精神的ストレス
  2. 環境的ストレス
  3. 化学的ストレス
  4. 構造的ストレス

です。

精神的ストレス

一般的にストレスというと、この精神的ストレスが思い浮かびます。

精神的ストレスというのは、精神的に嫌だと思うことです。

イライラしたり、落ち込んだり、不安になったりすることで、自律神経の働きが乱れます。

環境的ストレス

環境的ストレスというのは、その人が生活している環境のストレスです。

暑い寒い・湿度が高い低い・気圧が高い低いなどの環境によるストレスです。

低気圧で片頭痛になるというのは、環境的ストレスの典型です。

化学的ストレス

化学的ストレスというのは、化学物質やアルコールやカフェインなど、体に取り込むことで起こるストレスです。

最近では、食品添加物や薬品などが問題になっています。

構造的ストレス

構造的ストレスというのは、体の歪みによるストレスです。

姿勢が悪くなることで、筋肉や関節に負担がかかり、神経に悪影響を及ぼします。

特に、背骨や頭蓋骨の歪みが、自律神経に影響します。

4つのストレスを解決することで自律神経が整う

自律神経の乱れは、様々な症状を引き起こします。

自律神経失調症・不眠症・胃腸障害・起立性調整障害・頭痛・多汗症などです。

これらの症状は、4つのストレスの問題を解決し、自律神経を整えることで治っていきます。

この記事は以上になります。

タイトルとURLをコピーしました